スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続き

なおは仕事をしているし、何かあったんだろう、というのが当時の俺の結論だったと思う。
これまでも数日PCメールが途切れることも、ないことはなかったし、
あまり深く考えずにその日は眠った。

メールは一週間たってもこなかった。

最後の大会の2、3日前の夜だったと思う。
待ち切れなくなった俺は、今度はまきの携帯にメールを送った。
しかし、数時間立っても返事はこない。
妙な焦燥感というか、不安が広がってきて、堪らずなおに電話をかけた。
しかし、無情にも呼び出し音が続くばかり。俺は本気で焦りだした。
その後、時間をおいて3、4度かけても、同じだった。
PCにも、なおがあの日以来ログインした形跡はない。
イライラして強制終了を繰り返して、当時Windows98だったOSをぶっ壊しておとんにひどく叱られた。

翌日の、夕方。
生徒会と部活を終わらせて帰宅してすぐ、
1本の電話がなった。
なお、だと思った。
早く電話を取ろうと急いて、小指をカウンターの角で強打した。

俺「もしもし、OTKOですが」

?「もしもし……」

恐る恐る、といった声色で受話器の奥から聞こえてきたのは、

母「なおの母親ですが……」

なおから最も近くて、最も遠い人からの電話だった。

俺「は、はい。お久しぶりです、OTKOです」

母「……OTKOくんって、いつかうちにきた……」
俺「あ、はいそうです、ご無沙汰です」

母「……そうですか、OTKOくんが彼氏、だったんですね」

後日聞いたことだけど、俺はなおの携帯には「彼氏」として登録されていたらしい。

俺「あ、はい、なんかすみません。それで、なおさんは大丈夫なんですか?」

母「なおは……今、入院しています」

なおの母は、会った時と同じ、柔和な声だったけど、悲痛な響きを伴っていたと思う。

俺「入院って!! なお、怪我でもしたんですか?」

母「……」

俺「あー、えっと」

母「外出した帰り道に、知らない人に、襲われて……」

言葉が、出なかった。
そのあと、なおのお母さんは涙声でいろいろと話していたんだけれど、
なおが入院しているというショックと、もう時間が経ったのもあって、
よく覚えていない。
襲われた、というのは、暴行ではなくて、レイプだった。

母「……今は、病院で入院しています。怪我はひどくなかったのですが、気持ちがひどく落ち込んでしまって……」

俺「……お見舞いには」

母「……娘が、受け入れるかわかりません。一応、○○病院の×号室に娘は入院しています」

俺「……ありがとうございました」


これ以上、話したくなくて、逃げるように電話を切った。
中学生の頭では、何がなんだかわからないことが多すぎて、どうしたら良いかも見えず、ただ立て続けに起こる不幸を恨んだ。
親には相談出来ないし、当然友人にも相談出来るような問題ではなかった。
病院は、なおの住んでいた市にあったから、すぐに行けるわけもなくて、行ったとしてもなおと会えるかもわからない。
そんな精神状態の中で、臨んだ最後の大会も、当然集中出来るわけもなくて、
出来は散々だった。俺は、途中で一年生と交代させられる屈辱を味わったし、
「これ以上部活したくなかったから適当にやった」と言い訳した自分が、すごく惨めだった。
これは、俺の人生の中でも本当に悔いていることで、出来るならやり直したい。

結局、なおのいる病院を訪れたのはそれから一週間後のことだった。
なおは、精神科に入院していた。
待受で面会希望を伝えると、少し待たされて、「無遠慮な発言は控えるように」と受付の女性に念を押されたが、許可を貰った。

けれど、なおの病室の前で、俺は中々扉を押せなかった。
怖かった。本当に、怖かった。
まだなおを見ていないのに、もう泣きそうだった。

それでも、俺は開けないといけなかった。
もう、逃げ出すことは出来なかった。


扉を開けるとなおのお母さんがいた。
軽く会釈をすると、なおのお母さんは、何か言って、退出した。

なおが、ベッドに座っていた。
なおは、なおじゃなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

不謹慎ですが、続きが気になります。
プロフィール

OTKO

Author:OTKO
どうも、ニコニコ動画、youtubeで遊戯王開封動画をあげてます。

遊戯王 米版開封動画は伊達じゃない!!

youtubeID→yugiotko ニコニコID→OTKO
ニコニコ動画マイリスト
youtubeチャンネル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
気持ちいい人の数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。