スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターで読んだ泣ける話に影響を受けたので。

ゲーセンで出会った不思議な子の話
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4077578.html

が、ツイッターで絶賛されていたので、読んでみたら本当に良い話でした。
ただ、俺にとっては良い話、というだけじゃなくていろいろと思うところがあったので、
ちょっと俺も何か書いてみようかな、とおもいました。
ニコ生で1度だけ話したことがあるので、知っている人もいるとは思いますが、
よければ読んでいってください。いや、読まなくても損はしないし、読んでも得はしません。
正直ただ昔あった出来事を書き殴るだけです。
J-SPEED氏を泣かせる、という目的は正直建前で、ただ、書きたくなっただけです。
ではでは、書いていくね。音楽とかは入れるのだるいので入れません。


俺は、その頃14歳だった。
14って言うと、厨二真っ盛りで、例にも漏れず俺も、帰り道に
「親に『実はお前は女性だ』と言われる」シチュエーションを想像したり、
家の鏡に映る自分に向かって「お前は俺じゃないんだろ…ほら、でてこいよ」とか、言ったりしてた。
恥ずかしい記憶って言うのはなかなか忘れないもので、今でも凄く鮮明に覚えてる。
彼女に出会ったのは、そんな時代の、冬の終わりくらいだった。

当時、携帯は持ってなかったけれど、親のPCを1日30分だけ貸して貰ってた。
フィルタリングソフトがかけられてたんだけど、こっそりパスワード探して、
勝手にアダルト/出会い系フィルタを外してたから、ほとんど使い放題。
そりゃ中学生男子の旺盛な好奇心ならもちろん、いろいろ調べるよねってことで、
やっぱりいろいろと調べてた。
そんなときにいきついたのは、某ゲームサイト。
モバゲーとかはまだ流行ってなかったんだけど、それに近い感じね。
フラッシュゲームとかが凄く流行ってたときだったから、
やっぱり会員登録するだけで無料でゲームが出来る、っていうのは凄く魅力的で、
すぐ登録したね。釣りゲームとか大富豪とかにはまってた記憶がある。
最初は一人プレイばっかりだったんだけど、結構はまってやり込むうちに
何人か知り合いも出来てきて、さらにはまっていった。
不幸中の幸いというか、課金だけはしてなかったというか、やり方がわからなかった。
世間知らずの馬鹿でよかったとつくづく思う。

そんなこんなで友だちリストも増えていく中で、
一人の女性からメールボックスに友だち申請が届いていた。
その女性は、大富豪で何度か対戦していた人で、チャットで挨拶するくらいの関係だったから、
すぐにOKの返事を送った。女性だったしね。
名前は仮に「はらね」さんとでもしておこうと思う。問題ないよね?仮名だしね。
はらねさんは、俺と一緒で山口県在住だったから、すぐに意気投合した。
顔も、年齢もわからないネット上だからこそ、仲良くなれたのかもしれない。
大体2ヶ月くらいずっとメールのやりとりをしていたと思う。
勿論1日30分なんて親の決まりは、全く守ってなかった。2時間か3時間はやっていたと思う。

余談だけど、その頃俺は初めて付き合った女の子に手痛い振られ方をされながらも、
生徒会長になったりしてました。生徒会の仕事やるっていって、PCで遊んでたからね。
あたしってホントクズ。

そんなこんなで3月になって、学校も春休みに。
生徒会も、春休みの間は休みだし、長い時間がとれるようになったから、
どこかに一人旅に出ようと、厨二病抜けきらない思考で考えてた。
それをサイトのチャットで、どこにしようか、なんて相談していたときに、
はらねさんから「それなら私と会う?一人旅としては、ちょうどいい距離じゃない?」という内容のメール。
たしかに、はらねさんの住んでいる市は大体電車で1時間半くらいの距離で、
電車代もかからないし、なおかつ生まれてから一度も行ったことがない場所だった。
それに、なにより「はらね」さんに会ってみたかった。
年齢も、顔も、何もわからないけれど、優しくて、おもしろい人だったし。

そうやって、俺ははらねさんと、ネットを抜けてリアルで会うことになった。
今よく考えたら、はらねさんと会う時点で一人旅じゃなくなっていたんだけどね。

一人旅前日。
これまでないってくらい緊張してた。
2時になっても寝れなくて、こっそりリビングのPCを開いて、サイトに接続してみた。
はらねさんは流石に寝てるだろう、とおもったけど、横のログインマークは赤く光ってる。

はらね「OTKOくん、なんで起きてるの?」
ログインしてすぐ飛んでくるメッセージ。
俺「緊張して寝れないんだよ^^; はらねは?」
はらね「私も一緒w 怖くて寝れないw」
俺「怖い??」
はらね「だって、OTKOくんにあって、嫌われたらとおもうと」
俺「大丈夫だよ、俺は何があってもはらねを嫌いにならない」(キリッ

こんな会話だったはず。いや、もうあまり覚えてないけど、怖いって言われたのはほんと。
ドヤ顔で返したのも俺の性格をかんがえるとたぶん間違ってない。
まあこのあと10行くらいにわたる凄い長いメールおくったんだとおもう。
「俺たちは出会って短いけど誰より深いつきあいだろ!」みたいな臭い内容。ぶん殴りたい。
結局、其の夜は一緒に大富豪やって寝た。
朝はやい電車だったから、4時間寝れなかったけど。

で、会うことになったその日。
電車の中で爆睡して、危うく乗り過ごしそうになったけど、
なんとかギリギリ間にあって、待ち合わせ場所だった駅の外にいった。
服装は、中二真っ盛りだったから、黒と白のなんかアクセサリーがついた服に、
ぼろいジーパンだったはず。あれお気に入りだったし。死にたい。
目印の団扇を持って立っていたら、後ろから「あの…OTKOさんですか」っていう女性の声。
思っていたより低い声だったけど、そんなの気にするより緊張がヤバイ。
ネットで仲良くてもリアルで会うとい凄い緊張しちゃうじゃん!この気持ちわかるかな。
もうドクンドクンだったけど、はい、っていって振り向いたら。

え? っていうのが、第一印象だった。

「はらね、さんですか?」

「はい。」

明らかに、同い年くらいには見えない、いや。というか。
トレンチコートを身に纏い、ヒールの靴を履いた。
推定24か25歳の女性がそこに立っていた。

(続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ。開封動画ニコニコしながら見させてもらってます(*^_^*)

それにしてもこれ続き気になるじゃないですかちょっとおったまげました、早いうちによろしくお願いしますね(^-^)/

パンツ脱いでるから続き早くお願いします

No title

パンツ回収して持ち主に返す側のことも考えてください
続き期待してます
プロフィール

OTKO

Author:OTKO
どうも、ニコニコ動画、youtubeで遊戯王開封動画をあげてます。

遊戯王 米版開封動画は伊達じゃない!!

youtubeID→yugiotko ニコニコID→OTKO
ニコニコ動画マイリスト
youtubeチャンネル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
気持ちいい人の数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。